W650フルカスタム、スクランブラースタイル制作 - モトショップトラスト

こんにちは、大阪府豊能町のカスタムバイクショップ/ 中古車販売店のモトショップトラストです!

本日はお客様からW650フルカスタム車両の制作依頼をいただき作成したW650 スクランブラーカスタムをご紹介します。

依頼内容

ご要望
  • スクランブラーカスタム
  • 山も走れるスタイル
  • アップマフラーにしたいけど、二人乗りすることも多いので火傷しないワンオフマフラー
  • 小さめの角張ったタンク
  • タウンユースでも問題ないぐらいのブロックタイヤ
  • 出来るだけ無駄を省いたすっきりしたスタイル

上記の内容を元に、何度も打ち合わせを重ねて理想のスタイル像を具体的なものにしていきました。

ばらし

まずは程度の良い車両を仕入れ、外装を取り外していきます。

W650 スクランブラー

タイヤ&フレームのスムージング

W650 スクランブラー

街乗りで使用される機会も多いとのことですので、ブロック感はあるけどボコボコした走り心地にならないものをチョイスしました。ホイールのリムはブラックに塗装し、グっと引き締まった印象に。

そしてW650純正フレームに付いている無駄な部分をスムージングし取り除いていきます。

ワンオフタンク作成

W650スクランブラー タンク
W650スクランブラー タンク

タンクはTR250の純正を流用。

角張った形を出すために、タンクの手前を切り落とし角度を付けます。もちろん内部処理も行い、お客様の理想とする小ぶりで角張ったタンクに仕上げました。

金属の質感を活かした塗装を施すため、サビをとり磨きすぎない程度にざらざら感を残します。

ワンオフバッテリーケース

W650 スクランブラー バッテリーケース

W650は配線も多く、全てを収納しつつスタイルを壊さないサイズ感にこだわりました。

塗装はしないため、サビ防止のためステンレスで作成。

ワンオフシート

シートは後部がグイッとそったもので、細いものが希望とのこと。

まずはFPRで土台を作成します。

1FPRで土台を作成

W650 スクランブラー シート

FPRでしっかりした土台を作っていきます。土台の形を決め、余った部分をカット。

2スポンジで形成

W650 スクランブラー シート

スポンジを重ねて貼り合わせていき、バランスを見ながら慎重にカットして形を形成していきます。

3皮張り

業者さんに皮を貼ってもらい完成です!

縦にタックロールを入れることでよりスリムな印象になり、程よい厚みも渋く仕上がりました。

W650 カスタムシート
W650カスタムシート

ワンオフマフラー

マフラーの形状はオーナーさんと何度も相談しながら決めました。

タンデム時に影響が出ないよう、バッテリーケース付近からグッと下に持っていき、タンデムステップに通しました。これによりアップマフラー感は出しつつもタンデム可能に。

W650ワンオフマフラー

サイレンサーはオーナーさんのイメージにぴったりものが倉庫に眠っていたので装着。

W650ワンオフマフラー

後ろから見たときの渋さ...

あとは灯火類や配線などの細かい部分、タンクを塗装して完了です!

完成

完成した車両がこちら!

以上、W650フルカスタム車両作成をご紹介しました!

当店では1台1台丁寧に造りあげていくため、長期間お待たせすることもありますのでご了承ください。まずは理想の車両に出来るだけ近い者をお探して仕入れますので、お気軽にお問い合わせください!

おすすめの記事